ボルヘス著作「砂の本」は

読んでは消え

めくっても、二度と同じ頁には

たどり着くことはできない本の話です。

頁は砂塵のごとく消え

新しい頁はどこからともなく現れる

砂の本は頼りなく、不安な気持ちにさせると同時に

創造的な期待をもたらします。

そこには、「軽やかに生きる技法」のヒントがあるように思われます。

さて、この話をアーティストの C 氏にしたところ

バルザックの「知られざる傑作」について語り始めました。

世界初の抽象画は1832年2月、小説の中で生まれたようです。

画家が、今までいた世界を「フレーム」として感知し

そこをすり抜けようとした実験と、その実験上で現れた絵画

未だ見ぬ何かを手探りすることで現れた絵画

明確なひとつの目的地に向うというやり方では

決してたどりつけない場所へ

「どこから始まってもよいし 

どこで終わってもよい

 始まりも終わりもない 円環 」 を回し始めること

この展覧会に参加する表現者は 作品や

日常の何げない会話から その「回転」について

熟知されたアーティストであり

この呼応が生まれる予感があります。

これは、本の構造を下敷きにした「展覧会」であり

展覧会という名の「本」でもあります。



”砂の本” は、時代が急速に移るなか、資本主義的な支配圏域の拡張志向、および未来のために現在を犠牲にするベクトルに対して、アーティストや専門家たちが軽やかに抵抗し、現代社会の持つ課題への直接的な取り組みにとどまらない、その人にとって大切な一冊の本の読む時間のような深い思考・想像・創造することを求める、根源的な欲求からスタートした企画です。

 この企画の特色として、アーティストより章が提案され、展覧会全体を見終わると、「一冊の本」を想起できるような仕組みを持ちます。物語の編み手となる作家は、提示された章のタイトルに対し、それぞれが自由なイメージを経た一冊の本を書き、香りの専門家は、各章のタイトルから連想した香りを調合し、瓶に詰めて配置されます。会場にはあらかじめ固定化されたストーリーはなく、あたかも目次だけが示され、内容は白紙というように、そこで紡がれる物語は円環、そして永遠に続く入れ子のように相互に緩やかに繋がりながら、各作家による展示作品と物語の編み手による本が二冊、テーマに沿って調合された七つの香りが展示されます。会場を訪れる人々は、周り方によって自由に読み替えが出来、想像を遥かに超えたストーリーが日々編まれていきます。

*本企画は、参照としてホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges 1899 - 1986) の「砂の本」を下敷きにしています。ボルヘスは視力が失われる中、”砂の本" を口述筆記されたといわれ、彼の著作は、円環、架空の書物をモチーフとする作風で知られており、本企画の構成もそれをなぞることになります。















まだ記事がありません。